リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック 年末のプロモーション特価! 14周年記念イベントが 75 プラス PLUS ビッグバン VELOCITY RITUAL 21 フィールドホッケー 22-0203

リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック リチュアル ベロシティ 75 プラス<21>(RITUAL VELOCITY 75 PLUS<21>) 22-0203 ビッグバン フィールドホッケー ホッケー スティック

リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック 14周年記念イベントが 75 プラス PLUS ビッグバン VELOCITY RITUAL 21 フィールドホッケー 22-0203 17523円,VELOCITY,ビッグバン,スティック,ホッケー,リチュアル,PLUS<21>),/Martian786548.html,スポーツ・アウトドア , フィールドホッケー・インラインホッケー,22-0203,ベロシティ,スティック,75,プラス<21>(RITUAL,プラスシリーズフィールドホッケー,jorgezonzini.com,リチュアル,ベロシティ,ホッケー,フィールドホッケー,75 17523円 リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック リチュアル ベロシティ 75 プラス<21>(RITUAL VELOCITY 75 PLUS<21>) 22-0203 ビッグバン フィールドホッケー ホッケー スティック スポーツ・アウトドア フィールドホッケー・インラインホッケー リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック 14周年記念イベントが 75 プラス PLUS ビッグバン VELOCITY RITUAL 21 フィールドホッケー 22-0203 17523円 リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック リチュアル ベロシティ 75 プラス<21>(RITUAL VELOCITY 75 PLUS<21>) 22-0203 ビッグバン フィールドホッケー ホッケー スティック スポーツ・アウトドア フィールドホッケー・インラインホッケー 17523円,VELOCITY,ビッグバン,スティック,ホッケー,リチュアル,PLUS<21>),/Martian786548.html,スポーツ・アウトドア , フィールドホッケー・インラインホッケー,22-0203,ベロシティ,スティック,75,プラス<21>(RITUAL,プラスシリーズフィールドホッケー,jorgezonzini.com,リチュアル,ベロシティ,ホッケー,フィールドホッケー,75

17523円

リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック リチュアル ベロシティ 75 プラス<21>(RITUAL VELOCITY 75 PLUS<21>) 22-0203 ビッグバン フィールドホッケー ホッケー スティック








商品詳細
品番22-0203
長さ36.5インチ(約92.71cm)/37.5インチ(約95.25cm)
重さLIGHT=515-530g
ヘッド形状スクエアMAXI
反りNEWロウ・カーブ24mm
素材コンポジット
バランスポイント38.0~39.5cm
カーボン含有量75%
機能シリカ・フェイスコーティング/アングルヘッドプロファイル/ケブラーインサート・スクウェアエッジプロファイル/ハンツマン樹脂加工/デュポンケブラー/東レ3Kカーボン
特徴操作性の良さで高い評価を得ていたリチュアルベロシティモデル。スウィングパワーをしっかりとボールに伝える厚みのあるシャフトで、エッジ部分の打面が広く、リバースヒットが打ちやすい形状です。スティックヘッドの底面を鋭角にそぎ落とし、ピックアップやスクープ、左右だけでなく上下(3D・エアリアル)のドリブルがしやすくなり、テクニックのバリエーションが広がります。2020年モデルより新たにスクエアヘッド形状の「プラス」シリーズが登場。リバースサイドのプレーを重視して考案された新しい形状で、リバースサイドでのボールレシーブやピックアップが一段とやりやすくなっています。
備考【在庫について】
弊社は店頭在庫とメーカー在庫を合わせて販売致しております。記載商品は確実に、在庫がある事をお約束するものではございませんので、予めご了承下さい。

お取り寄せの場合、御注文からお届けまで2~5日程度掛かりますので、お急ぎの場合はお電話にてご確認頂けますよう、お願い申しあげます。

【使用上の御注意】
スティックは専用のボールを打つ為に設計されております。スティック同士がぶつかったり、グラウンドやゴールポストに叩き付けると、破損の原因になる恐れがありますので、ご注意ください。コンポジットスティックには、金属製素材は一切使用されておりません。頻度の差はありますが、木製スティックと同様に摩耗し破損し得る化学繊維素材で作られています。ヘッド部分等の損傷による、使用後の返品・交換にはお応えできませんので、ご了承ください。

【公認シールについて】
弊社の取り扱いスティックには全てホッケー公認シールが印刷、または貼ってあります。公認シールが無いスティックは、国内大会で使用出来ませんのでご注意下さい。

【デザインについて】
商品のデザイン・仕様・価格は、品質向上のため予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承下さい。

ディスプレイの違いなどにより、多少色調が実物と異なる場合がありますが、ご了承下さい。

リチュアル ベロシティ プラスシリーズフィールドホッケー ホッケー スティック リチュアル ベロシティ 75 プラス<21>(RITUAL VELOCITY 75 PLUS<21>) 22-0203 ビッグバン フィールドホッケー ホッケー スティック

  • 非対称細胞分裂研究チーム

    松崎 文雄
    受精卵や神経幹細胞は細胞分裂を繰り返しながら多様な細胞を作り…

  • 高次構造形成研究チーム

    竹市 雅俊
    複雑な多細胞組織の形成機構について、細胞の接着・運動・極性形…

  • 形態形成シグナル研究チーム

    林 茂生
    動物の発生における組織の形態形成のしくみをキイロショウジョウ…

  • 器官誘導研究チーム

    辻 孝
    器官発生は、初期胚におけるパターン形成により器官形成のための…

  • 染色体分配研究チーム

    北島 智也
    卵母細胞と受精卵の細胞分裂における染色体分配の機構とエラーの…

  • 大脳皮質発生研究チーム

    花嶋 かりな
    哺乳類特有の脳構造である大脳皮質は、中枢神経系の中でも極めて…

  • 感覚神経回路形成研究チーム

    今井 猛
    哺乳類の中枢神経系は膨大な数の神経細胞から成り立っています。…

  • 成長シグナル研究チーム

    西村 隆史
    多くの多細胞生物は、発生過程において器官や体の大きさが遺伝…

  • 呼吸器形成研究チーム

    森本 充
    生物の体を構成する臓器は、それぞれ生存に必要な何らかの機能…

  • 細胞外環境研究チーム

    藤原 裕展
    細胞外環境による毛包器官形成の理解

  • 上皮形態形成研究チーム

    Yu-Chiun Wang
    細胞、組織、器官がそれぞれ特有の機能と形態を獲得していくプ…

  • 発生エピジェネティクス研究チーム

    平谷 伊智朗
    条件的へテロクロマチンとは、発生過程のある時期に凝縮・不…

  • 体軸動態研究チーム

    猪股 秀彦
    発生過程は、複数の細胞が胚という限られた空間の中で互いに情…

  • 網膜再生医療研究開発プロジェクト

    髙橋 政代
    網膜は身体の外に突き出している脳の一部と称され、その比較的…

  • 立体組織形成研究チーム

    永樂 元次
    試験管内で機能的な器官を形成することは発生生物学、細胞生物…

  • 個体パターニング研究チーム

    濱田 博司
    マウスを用いて、体の左右非対称性が生じる仕組みを研究して…

  • ヒト器官形成研究チーム

    髙里 実
    ヒト多能性幹細胞を用いた再生医療研究の究極の目標とはなんで…

  • 血管形成研究チーム

    Li-Kun Phng
    血管形成において血管内皮細胞の動態と協調を制御する力学的メカ…

  • 比較コネクトミクス研究チーム

    宮道 和成
    私たちの脳内では、無数の神経細胞がそれぞれの個性を踏まえて…

  • 一細胞オミックス研究ユニット

    二階堂 愛
    細胞生物の生命活動の最小単位はひとつひとつの細胞です。我々…

  • 心臓再生研究チーム

    木村 航
    哺乳類の成体の心臓には、心筋梗塞などで障害を受けた後の再生…

CDB Symposium 2018

たくさんのご参加ありがとうございました。シンポジウムの写真をウェブサイトにアップロードしております。

iPS臨床研究のホームページ

中央市民病院、大阪大学、京都大学、理研の4機関が共同で進める「滲出型加齢黄斑変性の臨床研究」の特設ホームページです。

CDBのミッション

濱田センター長からCDBのミッションについてメッセージです。

iPS臨床研究(1例目)について

理研と先端医療振興財団が進める「滲出型加齢黄斑変性の臨床研究」の特設HP。2014年に実施した1例目の移植に関する情報を掲載しています。

2017 CDB Annual Report

CDBの各研究室や2017年の研究成果を紹介しています。(英語)